NHK驕り高ぶる

| コメント(0) | トラックバック(0)

 国営有料放送のNHKは受信料やめてスクランブル化すべし、とだいぶ前に書きましたが、このたびNHKの受信契約を強制する放送法が合憲か否かが争われていた裁判で最高裁は「ごーけん」とする判決を出しました。もし仮に違憲判決など出ようもんなら、これまで払った受信料全部返せと日本中で暴動が起きるので、合憲判決は大方の予想どおりでした。とはいえNHK受信料問題に関する初めての最高裁判断、歴史的判決というわけで各紙大騒ぎです。

 NHKbill.jpg判決いわく、テレビが家にあれば受信料を支払わなければならない。これは知る権利に応える公共放送を支えるため、なんですと。

 「NHKが知る権利に応えているから契約は強制でも合憲」とは妙な理屈です。知る権利があれば知らない権利も当然あるわけで、視聴者に知る権利を押し付けて、それを支えるために受信料制度が必要というのは論理矛盾の気がします。

 そもそも契約には当事者間の合意が必要であり、一方的に押し付けられるものではありません。受信契約にしても同様で、放送法の「契約しなければならない」なんて法令条文は普通ではありえない話です。ではなぜNHKだけ契約の強制が許されるのか。放送法は「(NHKは)公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組...を行う」としています。つまり、NHKは「豊かで良い」番組やから、国民皆これを視なければならない、視てるんやからそれに対して金を払う義務があると。つまり「視ることを強要」しているのです。

 普通に考えてこんな法律はおかしい。「豊かで良い」番組なんて誰がどのように評価するんでしょか。いいか悪いかなんて1億人の国民ひとりひとり判断が違うわけで、国民すべてにとって「良い」番組なんてありえません。イスラム国やオウム教団は間違いなく悪ですが、そのカルト思考に心酔した変人にとっては教義に沿った犯罪を悪とする報道は「良い」番組とはいえません。ご皇室の様子を伝える報道は、天皇制を認めない共産党員にとっては「良い」放送とは思えないでしょう。人によって違うのです。皆が「良い」と思う放送なんて不可能です。放送法は不可能を求めており、その不可能を前提として受信契約を強制してるのです。

 お金払ってでも視たい人だけが見る。それでいいではないですか。

NHKlog.jpg NHKはスクランブル化しない理由について、公式サイトで次のように説明しています。

 ○ NHKは、広く視聴者に負担していただく受信料を財源とする公共放送として、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や、豊かな文化を育む多様な番組を、いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく提供する役割を担っています。

 スクランブル化すれば「受信料を財源とする」必要はなくなります。受信料を財源としなければ「特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や、豊かな文化を育む多様な番組を、いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく提供する役割」など担わなくてすむわけです。本末転倒とはこのことです。

○ 緊急災害時には大幅に番組編成を変更し、正確な情報を迅速に提供するほか、教育番組や福祉番組、古典芸能番組など、視聴率だけでは計ることの出来ない番組も数多く放送しています。

 だから、何故にだれもみたくない番組を金をかけて制作する必要があるのかって話です。「お前のためを思ってこの番組を作ってやったからありがたく思って視なさい」ということですか。徴収した受信料を大多数の視聴者がみたくもない番組の制作に浪費していることを抵抗なく公言する姿勢がそもそもお上意識の権化です。視たい番組は自分で選びます。

○ スクランブルをかけ、受信料を支払わない方に放送番組を視聴できないようにするという方法は一見合理的に見えるが、NHKが担っている役割と矛盾するため、公共放送としては問題があると考えます。

 その「NHKが担っている役割」なんてものがそもそも必要ないのです。放送といえばNHKしかなかった時代にできた放送法は、今や時代にそぐわずただNHKの既得権益を保護するためにしか機能していません。視たい番組は自分で選びます。

○ また、スクランブルを導入した場合、どうしても「よく見られる」番組に偏り、内容が画一化していく懸念があり、結果として、視聴者にとって、番組視聴の選択肢が狭まって、放送法がうたう「健全な民主主義の発達」の上でも問題があると考えます。

20171208_134539842_iOS.jpg  採算のとれる範囲で番組を制作すればええやないですか。視聴者が求めれば自ずと番組の種類は拡がっていき、結果選択肢も増えます。巷間に溢れる民営ペイテレビのチャンネルの多さを知らないのでしょうか。結果的に多くの人が見たい番組を多く作りニーズに応えることが放送局のあるべき姿なのではないでしょうか。視たくもない、したがって視てもいない番組の制作費まで搾取されることがNHKが言う「健全な民主主義の発達」なんでしょうか。さっぱり分からん。

 NHKの価値観、NHKの倫理観、NHKの善悪意識こそが正しい「良い」ものであって、衆愚はただそれに従えばええんよという考えやからこんな斜め上の理屈を堂々と公表できるのです。もうね、これは合憲違憲という話やなくてNHKの在り方そのものを、その解体も含めて真剣に議論すべき時期にきていると思うわけです。

 ところで、新聞各紙今回の判決を伝える中で、もともとNHKとは仲が悪い朝日新聞は、判決要旨とともに大法廷の最高裁判事全員の写真とプロフィルなんか載せてます。「読者のみなさん、受信料合憲の判決出してNHKに味方した裁判官はこいつらですよ~、覚えといてね♡」という意図が感じられます。朝日らしい印象操作で、これはこれでなかなかに興味深い。

お相撲さんたち

| コメント(0) | トラックバック(0)

 はやいもんで今年も12月に突入しました。うわ、年賀状まだ書いてないし、あれもこれもまだできてない。しゃーなし来年まわしっと、いつもどおりの師走の心象です。例によって週末を中心に忘年会ラッシュ、全部で十数件の宴席を粛々とこなしてまいります。がんばれわたしの肝臓。今月はゴルフもコンペとプライベート2回の予定があります。仕事に支障をきたさないよう体調に気をつけていかねば。

sumo1.jpg さて、大相撲が大騒ぎです。暴行疑惑で加害者の日馬富士はもとより、被害者貴乃岩、横綱白鵬、協会理事会、貴乃花親方、それぞれにいろんな動きをしてて、そこに遠くモンゴルから朝青竜や鷲羽山やなんかも大声あげだして、もうなんだかわけ分かりません。

 暴行事件で立件されたわけですから、引退やむなしは当初から言われてて想定どおりの決着なのに、どうもすんなりいってないなという印象です。「物言い」横綱の白鵬は、優勝したもののインタビューで「二人とも土俵にもどすどー、バンザーイ!」とかやって厳重注意されたり、貴乃花親方は協会理事会の事情聴取に応じないし、一部では今や主流となったモンゴル出身力士閥と親方衆や日本人力士たちの確執があるのでは、なんてことも言われてるそうです。どこまでが本当でどこまでがメディアの捏造なのかは分かりませんが、全体像がすっきり見えないことは確かです。

 さて今回の事件、たとえばプロレス、ボクシングなどほかの競技団体の話であったなら、ここまでの騒動にはなりません。なぜにお相撲さんの場合こんなに国民の関心が高いのか。ひとつにはそれだけ人気があるので注目を浴びやすいということがあります。競技として国民に人気があればあるほど、そのプレィヤーは有名税として品行方正な身の振り方が求められるのです。

 しかしそれよりも大きな理由は、大相撲が他の競技とちがって単なるスポーツ、興業ではなく、わが国古来の伝統に則った神事であるという一面があるからやと思います。相撲は五穀豊穣を願って神に奉納するために行われる神聖なパフォーマンスであって、当然のことながら卑怯な行為や八百長などの不正が介在することに国民は本能的な拒否反応を示します。今回のように最高位たる横綱が暴力を振るって非難されるなどもってのほかなのです。

sumo2.jpg その神聖さと日本人が共有できる有益性を有するがゆえに、日本相撲協会は公益財団法人という法人格を取得しています。公益法人でありながらプロ選手を多数かかえ、営利目的の興行を全国規模で開催しているのです。こんな団体ほかにありません。その長い歴史と有益性によって農耕民族日本人の総意として「お相撲ならまあいいか」という認識ができ上がっているからです。

 ところが、その人気が高まるにつれて力士が野球賭博や大麻で捕まったり、今回のように力士同士や民間人に対して暴力振るったりとさまざまな不祥事が頻発するようになりました。中でも2011年に発覚した八百長事件ではどうにも収拾つかなくなり春場所の開催を中止するという前代未聞の事態となりました。その際に叫ばれた角界の綱紀粛正がどうやらまたぞろなおざりにされてきた模様です。これは協会理事会が考えている以上に深刻な事態であると思います。ファンが減って入場料収入が減り、スポンサーの懸賞も減り、タニマチも離れていくといずれ力士の給料も払えなくなるでしょう。相撲協会が税金面でも優遇されて派手に興業が打てるのも、国民多くの総意が結集してそれを求めているからです。ひとたびその信頼を失えば「協会解散」もそんなにありえない事態ともいえません。

 お相撲さんといえば横綱ならずとも強くて優しい正義の味方、人格高尚にして清廉潔白、品行方正というイメージがあります。これはいわば日本人がもとめる人間の理想像なのです。どうか繰り返される不祥事で、このイメージを損なうことのないように願いたいもんです。

まじりっけなし

| コメント(0) | トラックバック(0)

kokuho1.jpg 総選挙がおわり、いよいよ国会が始まりました。野党は相変わらずモリ・カケの蕎麦談義を続けたくて、一部マスコミもこれに便乗して騒ぎたい様子やけど、やればやるほど国民からは愛想を尽かされていきます。先週の朝日新聞は、国から森友学園への土地売却に会計検査院がケチをつけたというネタを拾って、一面トップをはじめ驚くほど多くの紙面を割いて大騒ぎしています。その有様は異常で、いかに安倍憎しといえどあきらかにやり過ぎです。検査院の指摘があったことをことさらに論い欣喜雀躍している哀れさだけが感じられ、いつもながらの見事な逆効果として読者に伝わっています。

 朝日と言えばウソでも大新聞、かつてはわが国のリベラルの旗手としてクオリティ・ペーパーといわれてたこともあったのに、これではまるでタイガースとデイリースポーツ、ジャイアンツと報知新聞の関係にも似て、新聞というより反政府を目指す勢力の機関紙と成り果ててます。これ以上国民を敵に回すことは、本当にもうやめといたほうがいい。yoritomo.jpg

 さて、今日書きたいのはそんな凋落しんぶんの笑い話ではなく、先週行ったすごい展覧会のことです。先日のエントリーで正倉院には国宝がないということを書きましたが、芸術の秋、その国宝ばかりを集めた展覧会が京都国立博物館でありました。ズバリ「国宝展」。キャッチフレーズに「純度100%」とあります。うまいこと言う。

 開催されてたのは知ってましたがなかなか都合つかず、結局期間終盤のそれもやむなく祝日に訪れることとなりました。もう、こうなると混雑は覚悟の上で気合いれて出かけましたよ。

 早めに行って並ぼうという意気込みはよかったのですが、それでも大いに甘かった。開館1時間前に博物館にタクシー乗り付けた時点で、すでにしていったいどこが最後尾やねんというくらいの大行列が敷地をはみ出して遠くまで伸びてます。思うに私がこんなに並んだのは大阪万博の「月の石」以来ではないでしょうか。

 1時間とちょっと並んで、やっと入場したものの、当然館内は壮絶な混雑です。場内整理のスタッフの悲壮な声が暗い空間にこだましてます。ゆっくりとこころゆくまで堪能するためには、この混雑を如何に耐えていくかという試練が求められます。展覧会ではいつも、目玉商品だけに的を絞りそれ以外の展示品は適当にパスしていくのですが、なんせこの日はパスできるのんが少ない。人混みをかき分けかき分け、時間をかけて見学しましたよ。 超絶お宝ばっかりとはいえ、中でも目玉の展示品がやっぱりあって、それらの前ではことさらにゆっくりと堪能しました。korin.jpg

 神護寺の「伝源頼朝像」は教科書には必ず写真が載ってる、中世の肖像画を代表する傑作です。根津美術館の尾形光琳「燕子花図(かきつばたず)」は100年ぶりに京都に里帰りして展示されたとか。三井記念美術館の円山応挙「雪松図屏風」はビッグネーム応挙の最高傑作といわれてます。与謝蕪村「夜色楼台図」も蕪村の山水画の到達点とされる傑作です。東洋陶磁美術館の「油滴天目茶碗」は4つしかない国宝天目茶碗のうちのひとつです。どれもこれもが単独で展覧会の主役を張れるわが国の、いや人類の至宝なのです。それらが今一箇所に結集し次々にこれでもかと迫ってくるのです。もうね、すごいのひと言。okyo.jpg

yuteki.jpg ここぞという逸品の展示では人混みをもぞもぞと掻き分け、何とか最前列までたどり着いてじっくりと時間をかけて鑑賞しました。場内整理のスタッフさんたちは悲壮な表情で「歩きながら観てくださーい」「立ち止まる人は後方から観てくださーい」と叫んでますが、誰も言うことをきかずひとたび最前列展示ケースの前に張り付いたら動こうとしない、動きたくても動けない。作品にガツンと魅了されその迫力に言葉を失ってしまい、何も聞こえなくなります。本物の凄さです。

 係の人たちは大変やと思いましたがこれは、すごいものばかりを集め過ぎた、企画の失敗です。

 いやー眼福でした。並んだ甲斐がありました。今年私があちこち行った展覧会の中で文句なしのナンバーワンです。惜しむらくは当初お目当てとしていた国宝「金印」、そう、日本史の教科書のはじめの方に必ずでてくる「漢委奴国王」印、それに俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が、期間中の入れ替えでこの日の展示には無かったこと。ぜひ実物を見たいところでしたが、まああまり欲をかいてはきっとバチがあたります。次の機会の楽しみということにしておきましょう。

青のシンフォニー

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ふるさと吉野についてはこれまでも何回も書いてきたところですが、先週友人からお誘いいただき、また行ってまいりました。

 といっても今回は同郷の幼馴染というわけではなく、大阪の奈良県人会のイベントの遠足に、ゲストとして声をかけてもらったのです。こういう友人は大事にしないといけない。

 このお友達はずっと奈良県在住ですが、だんな様の職場が大阪ということで加入してはるんです。今回は、吉野山に行くというよりも、話題の観光特急「青のシンフォニー」を楽しむことがまずお目当ての企画です。近鉄の大阪阿部野橋駅から乗車し南大阪線、吉野線経由で終点吉野駅まで約1時間ちょっとの旅です。他のメンバーやわたしのように大阪在住なら問題ないのですが、お友達ご夫妻は奈良在住なんで、わざわざいったん阿倍野橋まで赴いたのち折り返して「青の...」に乗って吉野に向かうことになります。20171112_014212342_iOS.jpg

 思えば吉野出身のわたしにとって、吉野線とそれに続く近鉄南大阪線は、かつてもの心ついてから高校を卒業するまでどこかに出かけるためには必ず利用していたふるさとの路線です。車窓の風景はすべて記憶してます。自身の、路線のべ乗車距離ランキングがあったとしたら、新幹線をはるかにしのぎダントツトップでありましょう。

 赤字ローカル線でありながら、世界的観光地吉野山を抱えることから廃線にならずに存えている経緯についてもかつて書きました。それどころか近年、新型特急「さくらライナー」に続いてこの超豪華観光特急「青の...」が投入されるなど、なぜか近鉄鼻息が荒い。路線の活況で県南部の過疎化が鈍ればいうことありません。

 さて、青のシンフォニー、初めて見ました。近鉄が「しまかぜ」に続いて鳴り物入りでつくった観光特急です。わずか1編成、それも3両しかありません。従って乗車定員も少なく、今回のような企画ツアーでないとなかなかチケットが手に入らない。他の特急列車のように発車前に乗車駅で買うなんてまずムリです。阿倍野橋駅に着いて停車しているのを見つけたときは、純朴なテツ少年のように思わず駆け寄ってしまいましたよ。その瞬間を当の友人に激写されました。

 3両の両端が木のぬくもりを重視したゆったりサロンシートの車両で、真ん中がラウンジ車両になってて空いていれば誰でも一杯やったりお茶したりとくつろげるのです。「しまかぜ」のサロン席、グループ席同様、観光特急はこういうコンセプトの設備が充実してきました。2017-11-17.jpg

 ワイワイとお話しするうちに、あっという間に吉野駅とうちゃく。

 お食事の後、竹林院、金剛峰寺蔵王堂の2箇所を見学して帰路につきました。どちらも子供の頃から数え切れないほど訪れてる馴染み深いスポットです。記憶と違うのはやはり外国人観光客が増えてること。インバウンドで潤うの結構なことです。吉野山は年間の稼ぎの大部分を4月ひと月で叩き出しますが、四季それぞれに良さがあることも知ってほしいもんです。

 ところで気になることがありました。駅から山腹まで架設されてるロープウェーが止まってたのです。「吉野大峰ケーブル」という名の会社の運営ですが、ケーブルカーではなくロープウェイです。なんと現存する日本最古の索道路線として機械遺産にも指定されてるとかでつまりは、古い。で、今回それが点検で一時休止などではなく老朽化で完全にストップ「復旧の見込みなし」とか紙貼ってます。428日からといいますから、20171112_070413000_iOS.jpg今年の桜が終わってからずっと止まってるわけです。知らなんだわぁ。今回、一行はもともとバス利用の予定やったんで支障なかったけど、このバスもオフシーズンは週末のみの運行なので、平日は七曲りの急坂を歩いて登るしかなくアクセスがいちじるしく制限されます。吉野駅下りてから「聞いてへんがな〜」ということになります。これは由々しき事態であって、来春までに復旧してもらわんと世界遺産吉野が危機に瀕してしまいます。心配してたところ、帰ってネットで確認すると、休止は2月いっぱいとでてました。やれやれ。

 ともあれ、いいお天気で久しぶりに故郷の空気を吸い、慌ただしい日常から逃避しリフレッシュできた晩秋のいちにちでした。お誘いいただいたお友達には本当に感謝です。

正倉院展

| コメント(0) | トラックバック(0)

shosoin.jpg 正倉院展、みてきました。

 いうまでもなく奈良東大寺の正倉院所蔵のわが国最高超絶のお宝を公開する、奈良国立博物館の特別展です。毎年11月の初めに開催され、深まりゆく秋の風物詩になってます。

 お宝大好き、ミーハーの極みである私としては実に興味深いイベントです。毎年やっててタイミングが合えばちょくちょく行ってたのですが最近機会がなかった。今回は職場で招待券もらったこともあり、うちの奥さん帯同して行ってきましたよ。

 所蔵のお宝はそのほとんどが聖武天皇の時代といいますから8世紀半ば、由緒伝来や製作年代、使用年代の明らかなものが多く、その希少性のみならず学術的価値も空前のレベルなんやとか。

 正倉院展というからには、所蔵品のすべてを大公開するものと子供の頃には思ってましたが、もちろんそんなことはありません。お宝類は整理済のものだけでも9,000点以上あるとかで、全部を一堂に展示なんてとてもやないけど無理です。で、毎年少しずつ小出しにしてお披露目しているわけです。hituji.jpg

 ことしの目玉展示品は、羊木臈纈屏風(ひつじきろうけちのびょうぶ)というシロモノで、「樹木の下に動物を配したこの様式は、サーサーン朝ペルシアの聖樹禽獣紋から影響を受けている(wikipeより)」とかで、シルクロードの東の終点ともいわれる正倉院ならではの逸品です。

 ほかにも鏡や文箱、楽器、双六、ガラス器そしてさまざまな古文書など、なるほどこれは高値がつきそうやと思えるたくさんの宝物が展示されていました。

 しかし、いつもながらたいそうな人出です。小雨降るあいにくのお天気にもかかわらず連休中ということもあり大混雑となっています。会場に入るのに約200mの行列。入館制限しているのかと思いきやさにあらず、入場改札は粛々と進んでおり行列は少しずつ進んでいきます。約30分ののち入館したところ、館内は予想通りの壮絶な混雑です。展示ケースの前に何重にも人が張り付き、なかなか展示品が見えない。ケース内の上部に写真が貼ってあり、何が展示されているのかは知ることができますが、いかんせん人の頭ばっかりで実物がなかなか見えない。

 剣の写真が掲げられたケースで実物にたどり着いたら10cmくらいの小さいのんやったので、奥さん「やっぱり奈良時代には一寸法師がおったんや」

 とてもじっくりと満足いくまでというわけにはいかず、目玉商品以外は跳ばし跳ばしでチラ見しながら、人の波をかき分けて出口へと進みました。まあ、そこそこ楽しめました。

 ところで、9,000点以上のお宝のすべてが超絶希少価値というならば、そのうちのいったいいくつが国宝に指定されているのか、という話を以前テレビで観たことがあります。

 答えは「ゼロ」。宮内庁管理の文化財は文化財保護法による国宝、重要文化財等の指定の対象外で正倉院の宝物はすべこれにあたります。国宝や重要文化財の指定は、たぐいまれな日本の宝物を適正に管理して棄損、消失、流出を防ぐための制度であり、もともと「勅封」で皇室、宮内庁が厳正に管理している正倉院の宝物、いわゆる「御物」は、あえて国宝に指定する必要もないわけなのです。なるほど。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

WELCOME

CALENDAR

PROFILE

IMG_0227_2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

katsuhiko

男 

血はO型

奈良県出身大阪府在住のサラリーマン

生まれてから約半世紀たちました。

お休みの日は、野山を歩くことがあります。

雨の日と夜中はクラシック音楽聴いてます。

カラオケはアニソンから軍歌まで1000曲以上歌えます