日出る国の温泉

| コメント(0) | トラックバック(0)

 2年ぶりのお伊勢参りから夕刻に帰ってきました。

 そして、明日はなんと職場の研修旅行に出発ということで、金曜日のブログ更新となっております。20170817_042425365_iOS.jpg

 お伊勢参りとはいうものの、例によって南鳥羽の定宿で温泉に浸かってのんびりするのが主な目的で、「神さん詣では口実」なんていうとバチがあたりますが、日本人の心の故郷の近くを素通りすることは面目ないわけで、せっかくの機会、神様に日ごろの感謝を捧げ、神の国日本国民たるわが身のアイデンティティを再確認するわけです。もう何回目になるかなあ、去年は例の伊勢志摩サミット開催につきいろいろとやっかいなんで見合わせましたが、それまでは何年か続けて来たような気がします。主にうちの奥さんとですが、職場で永年勤続表彰もらった記念に、同期の連中と来たこともありました。

 なぜか雨にたたられることが多かったのです。前回などは出発の前日に台風が通過し、やれやれ通り過ぎてくれた、予定どおり行けると思って出かけたところが宿へと続く伊勢二見鳥羽ラインという自動車道が水没、山崩れで通れない。途方に暮れたのち、迂回路を見つけ事なきを得て遅れたけれどなんとか到着したなんてこともありました。

 ところが今回は昨日、今日と好天に恵まれ、ゆっくりとお参りし、そのあとの温泉も堪能しお盆休暇最後の骨休めで英気を養えました。世間はまだまだお盆休み中ということで、伊勢神宮は壮絶な人出です。まず、クルマを置くのに一苦労。市内に入る際に「駐車場90分待ち」という電光表示が出てたので、いったいどうなることかと思ったところ、案外30分ほど待って参道に一番近い駐車場に停めることができました。ラッキー。これもご利益か。20170817_062739712_iOS.jpg

 式年遷宮から4年経ちました。神域への架け橋「宇治橋」も白木の鳥居も4年間分の時の経過が刻まれてます。いつもお参りするのは夏なので、セミの声だけは変わらんなあと思いながら、無事に参詣を済ませ、颯爽とお目当ての宿に向かいました。

 宿の「御宿The Earthは3回目です。リピーターです。世俗と隔絶された断崖絶壁の立地よし。部屋の源泉掛け流し温泉露天風呂よし、大海原の眺望よし。シンプルな室内よし。食事よし。静かな雰囲気よし。ラウンジのサービスよし。夜食の気遣いよし。気に入ってます。

 ここは岬突端の絶壁の上、東南の方角に向かって建てられてます。今回良かったのは、東向きの部屋やったこと。そう、日の出が見えるのです。これは3回目にして初めてでした。昇る朝日は出勤の日はほぼ毎日拝んでますが、水平線からの日の出をじっくりと見たのはたぶん初めてではないでしょうか。感動の瞬間。チェックインの際、宿の人に「明日の日の出は5時15分ですよ」なんて教えてもらったらもう、その時刻には是が非でも起きてないといけないですよね。部屋の温泉に浸かっては飲み、飲んでは浸かりといういつものルーチンもそこそこに、やや早めに寝ましたよ。20170817_202126000_iOS.jpg

 そして今朝対面した海面からの日の出、やはりいいもんです。わたしも日出る国の人なんやなあと実感する瞬間です。快晴とはいきませんでしたが、雲間から控えめに顔を出す朝日もそれなりに情緒があるもんです。The Earth の名に叶う、地球の営みを体感できる絶景でした。

 朝日が昇るから起きるんじゃなくて
 目覚めるときだから旅をする

 思わずたくろうの「人生を語らず」を口ずさんでました。

 来年もまた行こっと。

異空間の腕時計

| コメント(0) | トラックバック(0)

 最近は腕時計をつけない人が増えているとか。そいやそうかなと思います。昨今時刻表示は街中に溢れているし、携帯電話やスマホがあれば時刻を知る用は足ります。結局は、慣れの問題で、ずっと腕時計しているから時刻を知りたいときには左手首を見る習慣ができているということで、なけりゃないで困らないのかなと思います。

20170810_054729290_iOS.jpg ファッション要素もあります。機能よりもアクセサリーとしてのリストウォッチ。かつてSEIKO の「なぜ、時計も着替えないの」というキャッチコピーがありました。こだわる人は装いに併せて多くの時計を使い分けるわけです。

 私はというと、普段使っている腕時計はもう20数年前にハワイで買った、当時流行ってたTAG Heuer のダイバーウォッチのペアモデルです。私より老眼が進んだうちの奥さんはもう使うことがなくなりましたが、私は以来ずっと毎日使ってます。

 この他に冠婚葬祭用のドレスウォッチをひとつ持ってますが、日ごろ使っている腕時計はこの2本がすべてなのです。すくなっ。

 初めての腕時計は、高校に進学した際に買ってもらったセイコークオーツ。ぶ厚くて、裏側にボタン電池の蓋がついてて自分で電池交換できるタイプでした。この時計を社会人になるまでずっと使ってたのです。何かの折にベルトが切れて、急ぎ買い求めたのがそのシンプルで軽いドレスウォッチで、以来ずっと普段使いしてました。そして結婚してタグホイヤーと。

 これまでの人生ずっと日常的に腕時計つけてたし、旅先で買ったり人からいただいたり懸賞で当たったりと多くの腕時計を入手してはきたけれど、主に使ってたのは3つだけということになります。あらためて物持ちがいいことよと我ながら感心します。

 さて、このホイヤー、ここ数年1年で1分ほど進むようになりました。なんせ四半世紀前の製品と考えれば、まあ経年による劣化もいたしかたなしかなと思っていたところ、先日不思議なことがおこりました。20170810_054652675_iOS.jpg

 あるホテルのクロークで、このホイヤーを入れたまま鞄を預けたのです。用事が済んで鞄を受け出し、ホイヤーをはめてしばらく経ったころ、ふと世間一般の時刻より約30分遅れていることに気がつきました。

 「あり?」

 電池かなと思ったのですが、前回交換してまだ約1年しか経ってないし、電池が切れる前には秒針が2秒刻みに切り替わる機能がついてるのに、そんな兆候は無かった。電池切れではない。壊れたかなと思いつつ時刻を合わせたところ、その後今に至るまでまったく正常に動いています。

 クロークにあった数時間の間に約30分の遅れが生じ、それ以降正常に戻ったわけです。つまり、あのホテルのクロークの中だけ時空が歪んでいたとしか考えられません。

 後日談があり、先週月曜日職場で話しているときのこと、「今日が8日やから...」ホイヤーの文字盤見て言ったところ、「今日は7日ですよ。」「え?」こんどは日付がいちにち進んでいたのです。日付を自動修正する機能はついてないので、小の月が終わったときには手動で日付を進める必要があります。これを忘れて月初めに日付の表示が1~3日遅れてしまってたということはよくあります。しかし、進むことはありえない。ホイヤーがまた説明のつかない謎の動きをしたのです。

 いったいあのホテル、クロークの時空の歪みの中で何が起こっていたのか。ホイヤーに聞いてみても返事はありません。

 また、超特大の台風が南西から列島を窺っています。災害続きの九州はまた弱り目に祟り目。被害が少ないことを祈ります。大阪でも先日来、風が強い日が続いています。おかげで炎天下の真夏日でも体感温度は少し下がるような気がしましたが、台風接20170723_024926358_iOS.jpg近によるものとなると、喜んでもいられません。

 さて、ちょっと前の話になりますが、先月、金沢工業大学がその所蔵する膨大なポピュラーミュージックのレコードを公開した展覧会「世界を変えたレコード展」というイベントがありまして、たまたま用事があって出かけたついでに覗いてきました。

 金工大は何年か前に、同じく所蔵する世界史上の超稀覯本を「世界を変えた書物展」として惜しげもなく公開したことがあり、その量、質ともけたはずれのスケールの様子については、このブログでも書きました。今回、同じようなノリのイベントを、場所も同じ梅田グランフロントで行ったわけです。今回も入場無料。ありがたい話です。

 膨大な数のLPレコードが、リリースされた順番に分かりやすく趣向を凝らして展示されています。すべてポピュラーミュージックです。20170723_023121549_iOS.jpg

 1枚のアルバムには、それが世に出た時点のそのアーティストそのものが表現されています。この凝縮されたリアルタイム感こそがポップスの命です。今現代、例えばベートーヴェンの楽曲を誰かが演奏するとその誰かの音楽として評価されますが、ビートルズやキャンディーズのナンバーを誰かが演奏してもそれは「カバー」に過ぎません。ポップスはその時代に、そのアーティストが世に出したことに意義があるのであって、ここがクラシック音楽と違うところです。

 さらに、ポピュラーの名のとおり身近、お手軽で親しみがあり、ひょっとしたら自分にもできるかも知れないなんて思わせるところがあります。演奏する楽器も大半は独学で、音楽大学で専門的なレッスンを受けたというアーティストは少ない。最近では少なくなりましたが、昭和のJ-POP(歌謡曲)では放送事故かと見まごうほどの超絶下手クソなアイドルがテレビで平気で歌ってました。つまり、裾野が圧倒的に広いのです。かくしてポップシーンは発展を続け、クラシック音楽同様に人類の大きな財産となって今に至っているわけです。20170723_023334414_iOS.jpg

 会場内には壁一面に長大な年表が掲示されてて、その時代時代の主要な出来事と、もちろんミュージックシーンにおける出来事なども書かれてます。その年のヒット曲も詳細に書かれてて、これを追っていくとポップスの歴史と自分史とを照合して懐かしさに浸ることができます。この曲が街角で流れてた頃、自分はどこで何をしていたかということです。これぞポップスの醍醐味。クラシックではこうはいきません。

 「キャンディーズ解散コンサート」という記事のちょっと右、つまり少し時を経たあたりに「サザン・オールスターズ デビュー」という記載があります。ということは、この両者の活動時期はズレてて、「ザ・ベストテン」に揃って出たことはなかったんやなどと妙に納得するなど、若いころの記憶が甦ってきて、楽しい。

 その時代を象徴する政治性が強いものもあります。また、純粋に楽曲が素晴らしいいわゆる「名盤」がたくさん展示されてます。中には、私も持ってるのんがいくつかあって楽しい。また違うコーナーではジャケットのデザインに焦点を当てて展示しており、眺めているとレコードジャケットはそれ自体がアート作品であるということが分かって、楽しい。20170723_023920030_iOS.jpg

 もちろん、実際にレコードを再生しているコーナーもあります。パナソニックが後援してるとかで、テクニクス(Technics)ブランドの、見るからに高級そうなオーディオセットが鎮座し、プレーヤーで黒いLP盤がくるくる回ってます。曲はイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」。CDのデジタルの音とは微妙に違う、なんというか温かみのある音で楽しい。

 楽しい、楽しいで、いつのまにか時間が経過し、気が付くと次のご用事に向かうべき時刻が迫ってきました。入場無料やし、またもっかい来よ、と思ったところがなんとこの日がイベント最終日。もっと早く気が付くべしでした。

どんなもんじゃ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨晩はというか今日未明まで、中学校時代の友人たちと飲んで歌ってやっておりまして、今日はお昼前になってやっともそもそと起きだしてきたようなわけで、やっとブログを更新できるまでに二日酔いが回復いたしました。誠にもって面目ないような次第です。

 さて、先日、姪っ子の結婚式で上京したときのことです。20170716_032939027_iOS.jpg

 式場は東京ディズニー・リゾートで、実は私、生まれて初めて行きました。といっても、式、披露宴の前後にテーマパークを楽しんだというわけではありません。おりしも海の日連休最中の壮絶な人手の中、いちにち炎天下に身を置く自信はありません。式場のホテルの窓からシーのアトラクションの一部を眺めることができたので、今回はこれで十分楽しんだ気になり、ディズニーをこってり堪能するのは、もっと気候のおだやかな頃に日をあらためてということにした次第です。

 思えばプライベートで上京したのは5月、ポール・マッカートニーのライブ以来のことです。どうせ一泊するなら次の日はどこに行こう、普段あまり行くことがなくて、しかも体力を消耗しない楽しみ方ということで結局、月島に行ってもんじゃ焼き食べてきました。ディズニーでの夢のような非日常体験よりも、結局食い気というわけで、実にわが家らしい。

20170716_035657996_iOS.jpg 月島には以前、当の姪っこたちに連れてってもらったことがあり、大体様子は分かったというわけで今回はうちの奥さんと二人で向かいました。さすがに本場というわけで、もんじゃ焼き専門店が軒を連ねています。思い立って行ったので予約などしてなくて、前回行ったお店は満席で、すぐ向かいの別のお店に入りました。テーブル案内されてすぐに満席となり、あとから来たお客さんは断られてます。適当に入ったお店ですが、どうやらここも本当は予約がいる人気店やったみたいです。ラッキーでした。

 もんじゃ焼きって不思議な料理ですよね。料理っていうんやろか。関西ではおよそまったく馴染みがなくて、東京で大学時代を過ごした4年間も全然経験なくて、初めて食べたのは多分就職して以降と記憶しております。

 コナモン王国の関西ではもっぱらお好み焼きとたこ焼きで、多くの関西人はもんじゃ焼きとのファースト・コンタクトでは「うわ~、ゲ●みたい!」と壮絶な恐怖心と拒否反応をもよおします。わたしがそうでした。

 鉄板で焼きながら食べるところや、具のバリエーションが実に豊富なところはお好み焼きと似ています。しかし、完成時のルックスはまるで違ってて、もんじゃは生焼の状態で食していきます。お好み焼きのヘラ(コテ、テコ)に対して、ハガシと呼ばれるヘラのミニチュアのような道具を使用します。ヘラはお好み焼きを切り取って、下からすくって口に運びますが、ハガシは生焼けのモンジャ焼きの端の部分を上から押さえつけて、本体から「はがし」とって口に運びます。20170728_140704210_iOS.jpg

 実に美味しい。柔らかいぶんいくらでも食べられるという感じ。

 明太子、チーズ、エビ、餅、イカ、きのこ、そして豚キムチ。いろんなバリエーションを繰り返し楽しむうちにお代わりお代わりが進み、前日の披露宴の思い出そのままに、ミッキー・モンジャを焼いてみたり、ビールも進んで、なんだかんだですっかり満腹かつ酔っぱらってしまい、帰りの新幹線ではすっかり爆睡してしまいました。

 スタンプ・カードもらいましたが、さて、次回このお店訪れるのはいつのことになるのやら。

 お暑うございます。

 とうとう梅雨が明けて、セミの轟音をBGMに入道雲が湧き上がる逞しくも美しい日本の夏が今年もやってきました。猛暑には閉口しますが言ってみてもしかたがないこと。日本の四季の移ろいの素晴らしさをあらためて感じ、楽しみ方を工夫してみたいと思うこの頃です。

 さて、民進党党首の蓮舫参議院議員が、いわゆる二重国籍問題への対応として日本国籍を取得した証左として戸籍抄本の一部を公開し、会見、謝罪しました。「都議選の惨敗は党首の二重国籍問題が敗因」などと身内の民進党議員からも糾弾されていよいよ策に窮した末の醜態でした。himawari.jpg

 このことについて朝日新聞は「民進党は勘違いしている」とまたまた斜め上をいく主張を書いてます。「民進党の民意を受け止められない大きな原因は、そうした的外れな議員たちの言動にこそある」らしい。確かに、戸籍公開で仮に二重国籍問題が終結したところで(してないけど)、民進党の指示が上向くことなんかあり得ません。それは朝日の言うとおりです。しかし、国民の多くがこの問題に固執するのは、蓮舫という人間が我が国の法令に違反していながら何のお咎めもなく公党の党首として活動していることにあります。蓮舫党首に疑惑を晴らすように迫った民進党議員の判断については評価するべきです。

 やるべきことを勘違いしている民進党と、国民の思いを勘違いしているマスコミ。まあどっちもどっちではあります。

 ともあれ、安倍内閣に対して加計だの稲田だの説明責任を求めて追及したい蓮舫自らが、国民の多くが抱く疑問に対して説明責任を全く果たしていないという批判に耐えきれなくなったわけですが、今回の戸籍の一部等開示で結局さらに疑念が増す展開となりました。

 まず、あまりにも遅かった。二重国籍問題が取沙汰された当初、似たような事例の国会議員がほかにもいたけれど、その人たちは直ちに日本人であることの証左である戸籍を示して国民の納得を得ました。公人として当然の振る舞いです。ところが蓮舫はそれを行わず、自身の国籍についての説明は二転三転し、戸籍開示については「憲法違反」だの「プライバシー侵害」などと実に1年以上逃げ回り、自党からの突き上げがあってやっと今回の開示に至りました。遅れた理由は自分の子供に台湾籍を取らせるためにこの時期まで待っていたということのようです。

 これもよく意味が分かりませんが、仮にその遅れた理由が真実であるとするならそれはそれで問題があります。国会議員の子が外国籍であることになんの違法性もありませんが、少なくとも私は、わが子を立派な日本人に育てようとしない人間に選挙で投票して日本の政治を委ねようとは思いません。R4.jpg

 さらに、今回の資料公開で蓮舫が2004年の選挙で初当選した際の公報に「1985年、台湾籍から帰化」と虚偽の記載をしていることが明らかになりました。また、国籍を選択する義務を長らく果たしていないことがはっきりしました。誰が見ても明らかな法律違反です。ある市民団体は、蓮舫を国籍法違反と公職選挙法違反で告訴しましたが、多くの国民の思いも同じではないでしょうか。

 会見の最後に「こうした開示は私で最後にしてほしい。多様性を認め合う共生社会を作りたい」などと述べたとか。まるで自分が被害者であるような口ぶりですが、被害者は虚偽の選挙公報に騙されて清き一票を投じた有権者です。

 あちこちで言われているように、蓮舫本人と一部マスコミは何が問題となっているのかについて理解しつつ、気づかないふりをして開き直っています。国籍や民族の多様性を認める認めないとか、また差別云々といった話ではまったくありません。外国人や二重国籍者の参政権についてはいろんな意見があっていいし、一概に否定するつもりはありません。問題となっているのは、法律で定められた「国籍選択」という国民の義務を長きにわたって果たさず、また国会議員の選挙に立候補するにあたって、虚偽の身上を国民に提示したことであり、これは多様性の受容などとは全く次元の違う話です。二重国籍者にも国政に参加する権利があるといわれればそういう考え方もあるかも知れません。しかし同時に、選挙で二重国籍者を議員には選びたくないという有権者の権利も厳然として保証されるべきです。その権利を蓮舫は蔑ろにしたのです。

 モラルの問題というレベルではなく法律違反の行為を行い、あまつさえその結果として不当に国会議員の地位に納まったわけです。あらためて蓮舫参議院議員は潔く議員を辞職するべきです。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

WELCOME

CALENDAR

PROFILE

IMG_0227_2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

katsuhiko

 

男 

血はO型

 

奈良県出身大阪府在住のサラリーマン

生まれてから約半世紀たちました。

 

お休みの日は、野山を歩くことがあります。

雨の日と夜中はクラシック音楽聴いてます。

カラオケはアニソンから軍歌まで1000曲以上歌えます