明日は職場スタッフの結婚式に出かけますので、土曜日今時分のブログ更新となりました。

 日本大学アメリカンフットボールのいわゆる危険タックル問題で、ここしばらく新聞社会面、スポーツ面、テレビのニュース、各メディア大騒ぎです。先週の関学側の会見で日大の最終的な見解、対応の伝達が来週24日まで猶予されたとかで、しばらく動きはないかと思っていたところ、さきほど日大の監督さんが辞任する旨伝わりました。Phoenix.jpg

 わたしはアメフトに関しては大まかなルールを知っている程度の一般大衆ですが、ネットやテレビで繰り返し再生されるビデオを視てると、今回指摘されたプレーがひどいということは分かります。ひとつのプレーが明らかに終了し、QBが緊張を解いて気を抜いたタイミングで、死角の背後から予想外の強烈な衝撃を受けています。もし被害者が選手じゃなくて、例えばわたしやったとしたらおそらく一撃で死んでしまうでしょう。これはアカン。

 事件発生後の日本大学の対応がまずかったですね。できればネット上に拡散しないうちに監督さんがさっさと会見して、徹底的に謝罪していればここまで世の耳目を集めることにはならなかったでしょう。激しいコンタクトスポーツであるアメフトの試合中のできごと、それも日本のカレッジフットの頂点に君臨するチームのことなので、まあそんなこともあるわなで終わっていたはずです。

 ところが試合後に監督さん「勝つためにはこんくらいのプレーが必要、責任はおれにある」なんて言い放ったもんやから話がややこしくなった。責任あると言うのならきちんと対応してくださいという話になります。選手が勝手にやったことにされては可哀そうです。聞けば日大のこの学生、実力のあるいいプレーヤーやそうです。監督さんは関学の被害選手同様に、彼の将来についての責任も負う必要があります。

 日本大学はわが国のカレッジスポーツの勇として確固たる地位を築いています。おりしも東京オリンピックに向けてその存在感はさらに増していくであろうこの時期に今後の対応を誤ってしまうと、監督さんの本職である大学経営陣の一角としての責任にまで影響する可能性があります。アメフト部単体ではなく、大学の危機管理手腕が問われています。

 ところで会見で関学の方も言うてはりましたが、試合中ベンチの目線は主にボールを追いかけるので、関学側ベンチはくだんのプレーを直接目撃したわけではないと。ところが誰かがSNSに上げて問題視したことで明るみに出て火がついたのです。つまりSNSがなかったらこれほど注目されず、単にラフプレーがあったらしいということでスルーされてた可能性があります。昨今、げに恐ろしきはやはりネットの威力というところでしょうか。

バナナの気持ち

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は朝から雨模様ですが、1年のうちで今時分がいちばん気候がいい。昨日土曜日休日出勤したところ、帰路バスは冷房が利いてたのに電車に乗り換えると暖房が利いててシートが温かかった。電車もバスも、今時分の気候やと窓を開け放して走流のがいいと思うんやけど、必ず何らかの空調を利かす決まりにでもなってんでしょうか。まったくエコではないですな。

banana.jpg さて、職場のあるスタッフのこと。彼は恐妻家で、結婚するに際して「家事いっさいは自分がやる」と宣言してゴールインしたそうです。結婚当初は共働きやし、いろんな事情もあるやろし、まあそんなことがあってもいいかなと思ってました。しかし、その後月日は流れ子どもができ奥さんはめでたく専業主婦となったにもかかわらず、彼は結婚当初の約束を忠実に履行し、いまでも洗濯、掃除などは彼の仕事なんやとか。何かおかしい気もしますが、本人が楽しそうなんでまあええかと。

 そんな彼はバナナが大好きなのです。今日は残業、という日の夕方は職場の給湯室でひとり必ずバナナを食べてます。曰く、効率よくカロリーを補充できるので残業食にぴったりなんやとか。ほぼ毎日残業するのでほぼ毎日食べてます。年間500本以上食べるらしい。栄養偏るんやないかと心配してしまいます。

 バナナ、好きか嫌いかと聞かれれば、まあ好きと答えるでしょう。買ってから数日経ってそろそろ黒い斑点が浮き出て柔らかくなったバナナがキッチンや食卓に置いてあれば、つい手が出てしまいます。確かに美味しい。けど、毎日食べたいとは思わない。MICHIKOhamamura.jpg

 戦後バナナは輸入制限されてた時期があり、そのせいで貴重品やったとか。「病気になったときしか食べられない」今でいう高級マスクメロンみたいな存在やったらしい。しかし輸入が自由化された高度成長期以降、われわれの世代は幼い頃から暮らしの中に普通にバナナはありました。パーマン2号も美味しそうにバナナ食べてた。学校給食にもよく出てきて、まるっと1本のときもあれば、半分に切ってあるときも。今思えば栄養士さんによる小手先のテクニックやったのでしょう。

 昔は「台湾バナナ」がブランドでしたが、今では90%がフィリピン産で、安定供給され価額にほとんど変動がない物価の優等生です。輸入されるくだものの、実に60%がバナナなんやとか。日本人はバナナ大好きなのです。

 それにしても、毎日食べたいとは思わないけど。

何もなければ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 大型連休も最終日となりました。先週のエントリーで触れたように、この連休は旅行に出かけるでもなく、気の置けない仲間との宴会を中心として体調の維持・管理を図り、つまりは休養を中心としたリフレッシュに努めたことになります。

 それでも昨日は久しぶりにゴルフの練習場で少し身体を動かしたことで、今日は心地よい疲れとともに朝を迎えています。何もなければおそらくは練習に出かけることもなかったところ、職場の友人がゴルフを始めるというので「教えろ」という話になり、少しくお付き合いをした次第です。

20180505_135350360_iOS.jpg さて、この連休中に1冊の本を落手しました。なんと栄養学の専門書です。専門雑誌の連載記事をまとめたものやから専門書といっていいでしょう。連休中に会った友人から、所縁の権威ある先生が書かはったということで推奨とともにいただいたのです。パラパラと読み始めるとこれがなかなかにおもしろい。

 私は長年の不摂生がたたり、中性脂肪とコレステロールの値がいささか高く毎年の健康診断では必ずひっかかります。保健室で保健師さんに「おいコラ、死にたいのかおまえ」とやさしく指導されるとやはり少しは気になって、その後しばらくは塩分を控え、タマゴも控え、さらに脂っこいものもなるべく摂らないように努めます。毎日お昼ご飯はざるそば1枚なんて、立派なもんです。しかし、長続きせず気が付けばいつの間にか好きなものを好きなだけ食べる状態へとまい戻ってしまい、で1年経って健康診断でまた指導と。だって、世の美味しいものは脂肪と糖でできているんやからどうにも仕方がない。

 いただいた本、そんな食と栄養とに関する情報を綿密なエビデンスの基づいて整理しており、専門的ではありますがしろうとでも分かるように書いてくれてます。野菜は本当に摂った方がいいのか、タマゴは本当にコレステロール上げるのか、減塩は健康に効果あるのか、カルシウムの必要摂取量は、そもそも「〇〇食べ過ぎると健康に悪い」は本当にそう言い切れるのかといった栄養学の「考え方」を易しく説いています。知らなかった世界が広がります。読書の醍醐味というやつです。

 およそ人は自分が興味の無い分野には手を出しません。今回のご本にしても、本好きで乱読傾向の強い私とはいえ、何もなければおそらくは生涯手に取ることはなく、ご縁がなかったであろう領域であります。信頼している友人の勧奨あればこそ新しい世界が拓けたわけで、つまりは縁があったのです。こんなことはほかにも多々あるのであって、タイミング、きっかけ、人生の大部分はこの「縁」によって支配されているように思えます。

 せっかくの縁を大事にして、少しはココロを入れ替え不摂生解消、頑張ってみようかなっと。

脱走劇

| コメント(0) | トラックバック(0)

escape.jpg さあ、大型連休突入です。爽やかな陽気に誘われて、運動不足を解消するべく身体を動かすプランを思い描きつつも、やっぱり友人たちとの飲み会をはじめとする不健康な予定が先に立ってしまいます。まあ無理せず、ストレスの解消になればいいとしましょう。

 そんなウキウキ列島ではありますが、四国今治の刑務所から脱走した受刑者が20日経ってもまだ見つかっていないそうです。事件の発生当時は「んなことしてもすぐに捕まるのに」とほぼ全ての国民が思ってたところが、ここまで逃げおおせるとなると逆に「スゲー」とか思うと同時に「警察、何やってんのよ」という思いもフツフツと湧いてきます。連日大動員かけてその経費たるやすんごいことになってるはずです。

 追手は潜伏先とみられる島に絞って探してるみたいですが、ここまで見つからないとなるともう、何らかの方法で島を脱出していると考えるべきではないのでしょうか。逃げた受刑者さんはもう、大阪か東京のどっかでテレビで間抜けな警察の大動員を眺めて「スゲー」とか言うてたりして。

 脱走といえば思い浮かぶふたつ。

 まず、幼かりし頃テレビのロードショーで観た「大脱走」が忘れられません。世界各国で大量に製作された第二次大戦の戦争映画の中でも、戦闘そのものではなく、収容所からの捕虜の脱走というテーマに絞った点が出色でした。戦争映画なのに人が殺し合うシーンが少ない。人間ドラマのエピソードが豊富。脱走先のスイスの風景など映像がキレイ。ストーリーが奇想天外で予想不能。さらにキャスティングが豪華。スティーブ・マックイーン、ジェームズ・ガーナー、リチャード・アッテンボロー、チャールズ・ブロンソン、ジョン・レイトン、デヴィッド・マッカラム、ジェームズ・コバーン...単発で主役張れる俳優がこれでもかと出てきます。

 hagoku.jpgミッチミラー合唱団の主題歌も大ヒットしました。わたしもサントラ盤買いましたよ。カップリングでB面は「史上最大の作戦」でした。

 年月を経てあらためて見直すと、つじつまが合わない点や、いくらなんでもそりゃないやろという場面など多々あります。しかし、例によってそのあたりは映画というエンタテインメントの世界、壮大なマンガということで理解し細かな点はいちいち気にしない。長大な作品にもかかわらず、ワクワクと楽しめる名作でした。

 もひとつ、こちらは映画ではなくテレビドラマで、吉村昭の原作をドラマ化した「破獄」です。

 今ではほとんどテレビドラマを観ることがない私ですが、ビンボで娯楽が少なかった学生時代はよく観てました。緒方拳、津川雅彦ダブル主演で、第1回芸術作品賞受賞の名作ドラマです。大学を卒業し就職した年に放映されたんでよく覚えてます。ホームビデオがようやくわれわれ庶民の家庭にも行きわたり、リアルタイムでなくてもテレビを楽しめる時代が始まった頃でした。後に原作も読みましたが、「破獄」に関しては緒方拳の怪演に魅せられたこのドラマの印象が強烈に残っています。

 ネコ科の動物は狩猟本能があり、動くものは追いかけるようにできていますが、人間にしても、子供でも楽しめる単純な遊びとして「鬼ごっこ」が大好きです。最近テレビのバラエティでも「逃走中」なんてのが作られてます。獲物を追いかけること、逆に追手から逃げきることは、ネコのみならず人間にしても何かその本能に訴える欲求があるんですよね。

ひさしぶりの楽聖

| コメント(0) | トラックバック(0)

20180407_040356841_iOS.jpg 昨日、今シーズン初めての甲子園球場に行ってきたものの、宿敵ジャイアンツ相手に1点も取れずいいところなしで負けてしまったようなわけで、何故にお金払ってストレスだけ背負いこんでこなければならないのかと、全く憤懣やるかたない切ない週末であります。トホホ...

 さてここしばらく国会や反体制マスコミへの憤懣ばっかし書いてましたので、すこし心安らいだことを記してみます。年度初めの喧騒の中、忙中閑の憩いを求めて、ひさしぶりにベートーベンのダイナミックな音楽を聴きたいということで先日演奏会行ってきました。交響曲第5番ハ短調、日本では「運命」と呼ばれてます。それとピアノコンチェルト第5番「皇帝」の二本立て。いずれもポピュラーな曲目で気軽に楽しめる公演です。

 コンチェルトのピアノ、清水和音さんは生で聴くの初めてです。「彗星のごとくデビュー!」と騒がれたのは私が学生の頃で30年以上も昔のこと、クラシックの演奏家なんてまったく気にもしなかったのに、当時購読してた「FMレコパル」や「FM-fan」でその名前を最初に知って、「ああ、ご両親とも音楽家で、生まれたときすでにして演奏家になることを運命づけられてたんやなぁ、かわいそうに」と思ったことから覚えてました。この日ご本人を初めて見て、記憶にある写真とずいぶん違うことに気づき、「なるほど、やっぱりすべての人間は太るようにできてるんやな」と納得した次第です。

20180422_012630571_iOS.jpg ベートーベンの「皇帝」というと交響曲第3番「英雄(エロイカ)」を連想させます。エロイカの方はベートーベンが心酔していたナポレオンに献上するために作曲されたところ、ナポレオンが皇帝に即位したことに腹を立てたベートーベンが「俗物め」と楽譜に書いた献辞を破り捨てたというエピソードが有名です。一方コンチェルトの「皇帝」の方はナポレオンとは関係なくて、その壮大な雰囲気から後世の人がそう呼んだのが定着したらしい。そういえばベートーベンの9つの交響曲にしても自分でつけた名前は6番の「田園」だけやそうです。あとの3番「英雄」5番「運命」9番「合唱付」はのちの世の人が勝手にそう呼んだだけやとか。なんだかありそうな話。

 さて、この日の演奏、例によって素人の私にその出来栄えなど細かいことはおよそ分かりませんが、力強くて時に繊細で素晴らしい演奏やと思いました。素直に人類の至宝ともいうべき「楽聖」ベートーベンの音楽を、プロの大迫力の生演奏で聴いて陶酔のひとときを楽しんだという次第です。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

WELCOME

CALENDAR

PROFILE

IMG_0227_2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

katsuhiko

男 

血はO型

奈良県出身大阪府在住のサラリーマン

生まれてから約半世紀たちました。

お休みの日は、野山を歩くことがあります。

雨の日と夜中はクラシック音楽聴いてます。

カラオケはアニソンから軍歌まで1000曲以上歌えます